外付けhddの復旧方法を抑える|復旧專門業者が守り隊

HDD

頼りになる業者

HDD

外付けhddが故障した際には、すぐに復旧作業にとりかかるべきです。企業などが取り扱うデータには、個人情報など大切なデータが含まれていることがあるでしょう。專門の業者に復旧依頼をすることで望ましい結果が得られます。

バックアップの重要性

HDD

機器に取り付けられている外付けhddがいつなんどき、故障をするか誰にも分からないものです。復旧作業を業者に依頼をすることも可能ですが、あらかじめバックアップをとっておくようにしましょう。

有効的な方法

PC

専門業者が行う、外付けhddの復旧や修理作業にはいくつかの種類があります。その方法は、故障状況に最も適切な方法が選ばれるでしょう。適切な判断は、専門業者に仰ぎましょう。

用途に適したものを

業務中のトラブルを解決!データ復旧を行う業者がこちらです。あらゆるメディアの復旧作業に対応していますよ。

便利で使いやすいこちらのオンラインストレージは法人向けですよ。どこからでも気軽にアクセスできるので、外出先でも活用することが出来ます。

使用目的と外付けhddの種類

HDD

ファイルサイズの大きな動画ファイルなどで、PCのディスク容量が足りなくなったら、大容量で高速な外付けhddを購入するとよいでしょう。 外付けhddには、据置型とポータブル型の2種類があります。それぞれ特徴があるので、目的に応じて最適なものを選ぶべきです。 据置型の外付けhddは、一般的に大容量です。また、容量に対しての価格が安めで、さらに読み書きが高速です。その分、筐体のサイズは大きくなります。性能的に有利なため、特別な理由がなければこちらを選ぶべきです。デスクトップPCにつなげる場合のように、持ち運びを考えないなら、据置型が最適です。 ポータブル型は、同じ容量でも据置型より価格が高めで、また、読み書き速度も遅くなります。その代わり、サイズがコンパクトで鞄に入れて持ち運んでも気にならないサイズです。PCにつなげばそれだけで動作するので、電源も不要です。ノートPCと一緒に持ち運びたい場合にはこちらを選ぶべきでしょう。外付けhddがおかしくなった場合、早めの復旧を考えましょう。

据置型とポータブル型の価格

据置型とポータブル型の外付けhddは、内蔵するhddの種類が異なるため、大きな価格差があります。 据置型には、デスクトップパソコンと同じ大きさのhddが使われます。そのため、大容量で高速となっています。また、機器が大きいほど安価なため、価格も安くなります。 現在は、最大で6TBの容量のものがありますが、主流は3TBのモデルで、1万円前後の価格で購入できます。 それに対して、ポータブル型は、ノートPCと同じ大きさのhddが使われます。逆に機器が小さいため、価格も高いのです。小さいものは容量や速度を出しにくく、性能的には不利です。しかし、その分、発熱量や消費電力が少なくなり、モバイル使用のためには有利なのです。 現在は、最大容量4TBモデルもありますが、主流は2TBモデルで、価格は1万円前後です。 このようにそれぞれ一長一短あり、価格差も大きいので、用途に合った外付けhddを選択することが重要です。