外付けhddの復旧方法を抑える|復旧專門業者が守り隊

PC

バックアップの重要性

raidの種類について

HDD

パソコンにおけるraidは複数の記憶媒体を一つの記憶媒体と扱う技術です。raidの主なメリットは速度とデータに復旧性の向上にあります。raidの構築方法は様々なものがあります。raid0は2台の外付けhddを一つのhddと見なして、両方に違うデータを書き込んでいきます。容量を100%使うこともできますが、1台でも外付けhddが壊れればデータ復旧はできません。一方でデータ復旧に一番強いのはraid1です。raid1は常に2台がミラーリングをしているので、一台が壊れても、もう一台で動かすことができます。壊れたhddを交換すればraid復旧もできます。raid5やraid6は3台以上のhdd構成で、データを2台に分散し1台をデータ復旧用とします。raid5とraid6の違いはバックアップのhddの数などでやっていることは同じです。

それぞれの構築法のメリット

外付けhddが3台以上ある場合は速度とデータ復旧を両立したraid5やraid6がおすすめです。一方で多くの場合はraid0はおすすめできません。raid0は一台でも壊れればデータを読み込めなくなります。つまり、外付けhddの故障率が2倍になるということです。raid1はraid復旧も簡単にできますが、容量が本来使える量1/2になってしまうのがデメリットです。 現在ではssdに登場により速度は大きく上がりました。hddではなくssdを利用する場合、raidを組んでもあまり体感できる速度アップは望めないでしょう。ssdでraid1を組めば速度とデータ復旧の両立ができます。raid1は他のraidよりもraid復旧できる可能性が高いですのでデータを大事にする場合はこれがおすすめです。また、raidは同じモデルのhddやssdで行うのがおすすめです。raid復旧の際も同じモデルのものを用意しましょう。