外付けhddの復旧方法を抑える|復旧專門業者が守り隊

PC

有効的な方法

hddのトラブルは、ハード的な問題とソフト的な問題、あるいは併発の可能性があります。

PC

外付けhddの修理には、大きく二種類の修理内容が考えられます。 一つ目は、hddのハードウェア的なトラブルに対する修理です。これは、hddがメカニカルデザインによる精密機器のため、機構的な問題発生、あるいは経年変化による部品の消耗などによって起こった問題への対処になります。 二つ目は、外付けhddのソフトウェア的なトラブルに対する修理です。これは、外付けhddを利用している中で、基本OSの管理下においてアプリケーションが誤動作したり、ユーザーの操作ミスによってファイル消去やデータの破損をしてしまった場合などへの対処になります。 前者の場合は、ほとんどがhddそのものの交換で対応となります。その場合、記録されていたデータについては新品に復元コピーを行なって返却されるのが一般的です。ただし、トラブル内容によっては復元不可能な場合がりますので注意が必要です。 一方、後者の場合はデータ復旧専用のツールによって個人でも作業が行える場合もあります。ただ、専門のエンジニアによる修理のほうが信頼性も高いので外部委託するのが得策です。

バックアップをこまめにとっておくことで、修理では不可能なデータの修復を行う事ができます。

外付けhddはパソコンの周辺装置の中でも、問題の起きやすい部類にはいります。万一問題が発生した場合、最悪のケースではデータ復旧が不可能な場合もあり得ます。 そこで、万一の事態に備えておくために、ハードディスクやUSBメモリなどのようなデータ記録媒体を利用する場合は、必ずバックアップを取っておく事をおすすめします。 バックアップを取ってけば、万一外付けhddのトラブルなどによって修理が必要になったとしても、データ復旧がでいないためにパソコン全体を初期化せざるを得ない状態になる可能性もあります。その場合、もしバックアップをとっておけば、そちらを利用してデータの修復を行う事も可能になります。 問題が発生してから修理をした場合には、復旧不可能なケースがある事を想定しておき、日頃からまめにバックアップをとることが大切です。